三角形の時間
 

「聴こえる絵本」をコンセプトとした、ギター,ベース,ドラムボーカルの3ピースロックバンド

Flanが描き出す物語を、トガワの感情的なギター、マツの踊る様なベース、そして語り手本人のエモーショナルなドラムに乗せて届けてゆく。

そのライブはMCレスで、曲間に物語の世界観を描いた朗読を挟むなど、他に類を見ない新しいパフォーマンスが印象的だ。

静と動を駆使した、心臓に鳥肌を立てるような叫びと感情の空間。

観ている者の時を止め、奇妙な世界へと誘う「三角形の時間」へようこそ。

Flan(Vocal,Drums)
トガワ(Guitar)
マツ(Bass)

The Marin Carin

2017年 2月結成

Vo/Gt雪野修平の歌謡曲のメロディーとガレージテイストを中心に『ガレージ歌謡曲』の独自路線を切り開く

Show More

 当サイト内の写真の無断転載は禁止されています。 

 

 Copy Right © YUJI NAKAYAMA. All rights Reserved.

  • 中山優司のTwitter
  • 中山優司のinstagram

CRAZY VODKA TONIC ​ 地方都市と言われる広島県福山市発のロックバンド。 2014年10月、空想委員会主催の「大歌の改新ツアー」の一般公募O.A枠(下克上)に選ばれ、空想委員会/GOOD ON THE REEL の2マンライブに出演。 堂々としたパフォーマンスで、終演後30分以上列が途切れないほどCDを売り上げる。 2015年、岡山で感覚ピエロ/ セプテンバーミー/ ココロオークション等とイベントを行いSOLD OUT。 地元福山のワンマンライブでは約160人を動員。 その後も全国流通前ながら、イナズマロックフェス、MUSIC CUBE、TREASURE05X、SAKAE-SP-RING、MUSIC MONSTERS、MINAMI WHEEL、hoshioto、見放題(東京・大阪)など各地のサーキット・フェスイベントに出演。 着実なライブ活動で注目を集め、2016年4月、2017年4月にリリースしたEP『刹那の一節』『盲目のピアニスト』は共に1,500枚に迫るセールスとなる。 全国からCDを求める声が増え続け、2018年3月14日に初の全国流通ミニアルバム